東南アジア・中国への強いネットワーク

Facebookで最新の活動をFBでお知らせしております

外国人介護職員紹介事業

外国人の採用をお考えの介護事業所の皆様へ

当組合では介護技能評価試験(学科)及び介護日本語評価試験に合格できるように

日本国内の介護職を希望する特定技能外国人を育成するとともに、すでに合格している

特定技能外国人の紹介事業を行っています。

北海道内であればどこでも配置できます。貴介護事業所も外国人介護職員の採用を考えてみませんか。

若い外国人介護職員の採用は、施設利用者や職場の雰囲気を今まで以上に明るく変えて行くと思います。

 

外国人介護職員の採用のポイント

・在留期間     :原則として1年ごとの更新、通算で上限5年まで可能です。

・日本語能力水準  :日常会話程度は可能、介護専門用語もある程度修得している。

           但し、個人差はあります。

・受入施設の人数枠 :事業所の日本人常勤職員の人数が上限。

・配置基準     :採用してすぐ配置基準に含まれる。

・夜勤       :可能です。

・配置施設     :老人福祉法・介護保険法関係のほとんどの施設・事業が対象になる。

           (指定認知症対応型共同生活介護施設、特別養護老人ホーム、

            老人ディサービスセンター、介護老人保健施設、病院、診療所等々)

            なお、同一法人内の異動も可能です。

・例外       :但し、訪問系介護サービスは対象になりません。

           また、サービス付き高齢者住宅は介護業務が訪問介護に当たるため対象

           にはならないが、サ高住自体にデイサービスがあり、そのディサービスの

           事業所にて介護に就労する場合は対象となる可能性があります。

 

 

 ご依頼があれば、当団体スタッフが道内であればどの地域にもご説明に伺いますので、お気軽にご相談ください。